オールインワンのデメリットとは?

 

オールインワンの基礎化粧って楽ですよね。ただ、デメリットもあちこちで言われているので、使わない方がいいのかな?と気になってしまうかもしれません。

 

基礎化粧には正しい順番があって、
(1)化粧水、(2)美容液、(3)乳液、(4)クリーム と言われますよね。

 

これって何の順かというと、「水分の多いもの→油分の多いもの」。これが基礎化粧品の鉄則です。

 

化粧水は角層に水分を満たしその後の美容液や乳液の浸透の道を作ります。 乳液は水分油分が黄金比で乳化されている為素早く肌に浸透し、細胞間脂質を整え肌のバリア機能を強化します。

 

だからこの順なんですね。お肌に順に入っていった基礎化粧品は、肌の内部でこんな構造をしています。(ラメラと言います)

 

オールインワンのデメリットとは?

 

オールインワンは化粧水、乳液などこのどれもの機能が中途半端に弱いとも言われ、ここがデメリットです。

 

ですが、ただ水分をたくさん入れればいいのかというと、そうでもありません。
赤ちゃんの肌は大人の3分の1しか水分量がないのにプリプリ。そのワケは、ラメラ構造が整っているからです。

 

オールインワンをつける前の段階から、この構造になっていて、それがベストな量で配合されているものがあるとすれば、これ1つでも良さそうですよね?

 

それがこれです。コンシダーマルのライズローション。

 

 

ママ友の間でも一目置かれている人が使っているということで私も試してみたんですが、これが大正解。オールインワンってどの成分も中途半端で弱いっていう印象がありましたがコレは違っていて、手に吸い付くような潤いが長く続くのが気に入ってます。

 

私も使ってますが最近ではしっとりがながーく続くのを実感できてますよ(*^o^*)

 

オールインワンのデメリットとは?

 

長く続く潤いの秘密は公式サイトに色々と説明がありますが、このグラフは確かにスゴイ。お肌の水分量が長続きするということが書かれています。使ってみたら判断できると思います(笑)

 

気になるのはお値段とかなんですが、1ヶ月分の量が入っていて、いつでも解約できる定期購入で4536円。オールインワンの相場的にも安い方ですよね。

 

今はキャンペーン中で、初回半額の2268円30日返金保証もあるのでノーリスクです。興味がある方は試してみてください♪

 

コンシダーマルの初回半額キャンペーンはこちら